友達紹介

イオンモバイルのシェアプランは家族や自分でデータ量をシェアする事で毎月の基本料金をお得に利用できるプランです。今回はイオンモバイルシェアプランのメリット、デメリットを紹介します。

シェアプランのメリット

メリット

料金が安い

イオンモバイルシェアプラン最大の特徴は基本料金が安い事です。例えば4GBのシェアプランにデータ回線2回線で契約すると、1回線あたり506円で利用する事が出来ます。音声3回線でシェアした場合は1回線あたり約653円で利用することが出来ます。単独契約に比べると圧倒的にお得な料金で利用する事が出来ます。

最大5回線でシェア出来る

イオンモバイルのシェアプランでは1シェアグループあたり最大5回線まで契約する事が出来ます。4回線目以降は1回線ごとに220円がかかりますが、単独契約に比べるとお得な料金で利用する事が出来ます。ちなみにシェアパックは1人あた最大り5グループ(最大25回線)まで契約する事が出来るので大家族でも安心して契約する事が出来ます。

時分でシェアする事ができる

イオンモバイルのシェアプランなら自分で利用する際にもシェアする事が出来ます。「スマホの2台持ち」や「タブレット・モバイルWiFiの利用」など様々な組み合わせで利用する事が出来ます。

個別に好きな回線を選ぶ事ができる

イオンモバイルのシェアプランなら回線ごとに「ドコモ回線」と「au回線」から選ぶ事ができます。また「音声契約」と「データ契約」の組み合わせも自由に選ぶ事が出来ます。利用用とや目的に合わせて契約する事が出来ます。

※主回線は音声契約のみです。

紹介特典で1,000WAONポイントプレゼント!

シェアプランのデメリット

デメリット

契約者は1人のみ

イオンモバイルのシェアプランでは全ての回線の契約者は同じ方です。子回線の契約者を変えることは出来ません。利用者登録をする事は出来るので家族で利用する事は出来ますが、それぞれの名義で契約する事はできません。

子回線の単独契約変更が出来ない

イオンモバイルシェアプランでは子回線の単独プランへの変更が出来ません。例えばお子様をシェア子回線で利用する場合、お子様の成長に合わせて単独プランへの変更が出来ないので注意が必要です。他社乗り換えや電話番号に新規取得して契約する事はできます。

個別に上限の設定ができない

イオンモバイルのシェアプランでは回線ごとにデータ量の制限を設定する事はできません。シェアパック内で誰かが大量にデータを利用した場合は全員が速度制限される場合もあります。

紹介特典で1,000WAONポイントプレゼント!

初期費用について

SIMカード

イオンモバイルでは1回線ごとにSIMカード発行代金(事務手数料)が3,300円かかります。シェア回線も1回線ごとに手数料がかかるので、3回線契約した場合は9,900円かかります。エントリーパッケージの利用は主回線のみ可能です。子回線の契約では利用できません。

現在開催中のエントリーパッケージ利用で2,000WAONポイントがもらえるキャンペーンの対象は1回線のみとなります。また、キャンペーンによっては子回線に適応できない場合もなります。

紹介特典で1,000WAONポイントプレゼント!

友達紹介特典について

紹介コード

イオンモバイルで開催中の友達紹介キャンペーンの適応も1回線のみとなります。イオンモバイル紹介キャンペーンでは「1,000WAONポイント」と「1GBクーポン」がもらえますが、1人1回までの適応となります。シェアパックでは同一名義で契約となるため2回線目以降は紹介特典を受け取る事ができません。友達紹介特典は1回線分の適応ができるので契約する際には紹介コードの入力を行ってください。紹介コードは当サイトで配布しています。

紹介特典で1,000WAONポイントプレゼント!

紹介コードの発行について

紹介コード

イオンモバイルの紹介キャンペーンでは紹介をした方にも特典を受け取る事ができます。友達紹介には紹介コードの発行が必要です。紹介コードの発行は1ヶ月に1回線あたり5個まで発行できます。シェアパックではそれぞれの回線で紹介コードを発行できるので1グループあたり25個まで紹介コードを発行できます。1人紹介するごとに「3,000WAONポイント」と「1GBクーポン」がもらえるので、最大「45,000WAONポイント」と「25GBクーポン」をもらう事ができます。紹介コード当サイト内の掲示板でシェアする事もできるので、ぜひご利用ください。

Q&A

Q&A

音声シェアプランの契約時に紹介コードは利用できますか?

イオンモバイルのシェア音声プランに契約する際には代表回線に「紹介コード」を利用する事ができます。子回線契約時には紹介コードの利用はできません。また「エントリーパッケージ」も主回線のみ利用できます。

音声シェアプランは何回線まで契約する事ができますか?

イオンモバイルの音声シェアプランは1つのシェアグループ内に5回線まで契約する事ができます。シェアグループは5個まで契約できるので、最大25回線まで契約できます。ただし、音声回線は単独契約を含めて最大5回線までです。

データプラン(タイプ2)を契約する事はできますか?

音声シェアプランではデータプラン(タイプ2)の取り扱いがありません。データプラン(タイプ2)を利用する場合は単独プランで契約してください。

シェア子回線を後から追加できますか?

イオンモバイルの音声シェアプランなら後から子回線を追加する事ができます。ただし、単独データプランで契約している場合は該当回線の追加ができません。

音声単独プランからシェアプランに変更できますか?

イオンモバイルでは音声単独契約の回線をシェアプランに契約変更する事ができます。変更手続きは「店頭」または「電話」で行う事ができます。子回線の追加は手続きを行った翌月以降可能です。

シェアプランから単独プランに変更できますか?

イオンモバイルの音声シェアプランは主回線のみ単独プランへ変更できます。シェア内の子回線は単独プランへ変更する事はできません。単独プランへ変更する場合は主回線以外の回線を解約し、「店頭」または「電話」で手続きが必要です。

個別にデータ量の上限を設定できますか?

イオンモバイルの音声シェアプランでは個別にデータ量の上限を設定する事はできません。個別に低速モードへの切り替えを行う事はできます。